FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中学総体の地域予選 決勝戦
たこ太の参観日も早々に切り上げグランドへ。
Tちゃんも今日は学校で来れないので親父だけの見学となる。

愛光 vs 垣生

両校ともノーシードでここまで勝ち上がってきた勢いのあるチーム同士。

ただ、両チームに子供の先輩や元チームメイトが所属しているので
どちらも応援したいところだ

キックオフ

愛光は大柄なFWを有効に使うために中盤から
早めに前線へボールを放り込む戦術か。
中央突破でゴールを狙うようだ。

試合のほうは、序盤、愛光が勢いで押し込む。
しかし、試合が安定してきた頃
一瞬のDFの集中力がとぎれからマークが甘くなったところを
垣生のミドルシュート。
キーパー弾きだすが、次のコーナーキックで直接ゴール!!
垣生が先制。

愛光の攻撃が実を結んだのが前半の終了際。
最後は、遠目からの豪快なシュートがゴールに吸い込まれた。

前半は同点。

後半になると垣生が攻勢となる。
垣生は、オーソドックスなサイド攻撃を仕掛ける。
右サイドからの突破で何度もチャンスを作り
ラッキーもあったが2点追加。

終盤になり愛光が盛り返し1点を返すがタイムアップ。

熱戦は終わった。

ハーフタイムのベンチの様子は、
垣生は選手を前にコーチが熱血指導!
比べて
愛光の選手はリラックスムードのなかコーチが総評とポイント指導か。

ベンチを覗いても違いがあり、おもしろかった。
どちらも生徒の個性と状況に合わせて指導をされているのだろう。

感想、
中学サッカー、ジュニア世代と違い、フリーキックも含め
遠目からのシュートが多くキーパーの重要性が高いと感じる。
それと、
11人制サッカーは、ゲームとしてサッカーを楽しめる良さがある。

ともあれ、

県総体出場を決めた
津田中学校・垣生中学校
小野中学校・愛光中学校

おめでとうございます。
ご活躍を期待しています。

p.s
カメラの不調のため、写真は載せられなかったのが残念。
コメント:
コメント:を投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック:
この記事へのトラックバック:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。